販促ツールのための写真講座

デジカメの普及、スマホの画像品質の向上のおかげで
販促ツールに使用する写真画像もお店で撮影される機会が
増えたのではないでしょうか?

私も日頃、販促ツールを作成させていただいているのですが
「少し撮り方を工夫すれば販促ツールのクオリティが上がりますよ」と思うこともあります

それはトリミング
簡単に言えば写真にどこまで入れて写すかということですね

 

例えば↓の写真を見てください

笑顔の素敵な女性がチェスをしてますね(笑)

photo2

販促ツールに使用する画像をお願いすると
だいたいこのような画像をいただきます

 

しかし販促ツールを制作する場合
レイアウトによっては写真の大きさや位置など
考慮していかなければいけません

 

この場合、左腕やコーヒーカップが一部写っていませんよね
また頭の上の空間も少ないので
「人物を切抜きしたい」「コーヒーカップを入れたい」
「写真の大きさはそのままに人物を小さく」といった調整ができないのです
ですから制作する際に調整できるように
上下左右に余裕を持って撮影しましょう!

photo

 

ちなみに私はツールを考えながら撮影するので
スペースに余裕のある写真伝えたいものをアップにした写真
両方撮ります!

皆さんも撮影する時にちょっと意識してみてくださいね!

関連記事

  1. お客様は分かっている!?と思い込んでいませんか?

  2. 集客の流れを意識してますか?

  3. 集客名刺完成しました!

  4. 問合せのなかったチラシって?

  5. キッズルーム

    「お母さんにやさしい美容院」って知ってた?

  6. ポスティングって効果あるの?

  7. 小規模事業者持続化補助金☆追加公募受付

  8. ニュースレターgoenn88号