小さなお店の集客法

小さなお店の集客法

小規模店舗のサロンさんの集客は、ポスティング。
こちらのサロンさんは、ポスティングチラシを自社で制作されています。
自社で制作する中でお悩みもあるそうで・・・ご相談をいただきました。

自社制作チラシのよくある悩みとは?

自社で制作されたポスティングチラシ、自社の集客法として精度を高めていく必要があります。
その過程で「どう改善していけばよいのか分からない」と悩まれている方が多いようです。

「すべて変えなければ」という思い込み

チラシは、いくつか改善していく事で、精度の高いあなたのお店の集客法になっていくものです。
例えば、キャッチコピーは、お客様に興味を持っていただき、リードコピーへ誘導する目的がありますが、
キャッチコピーがターゲットに合っていない場合、キャッチコピーを変更してポスティングしてみる...という具合に
ひとつひとつ修正していけばいいんです。そしてまた改善...を繰り返す。

ところが、思った反響が得られない場合、全部作り替えてしまいがち。
しかし、全部変えてしまうとどこに原因があったのか判断できませんよね。

また、せっかく反響が出ているのに、作り替え反響を落とされる方も少なくありません。

これらに共通するのは、「どうせ作るなら違うものにしないともったいない」と考えられているようです。
目的は、自社の集客方法を手に入れること。

反響率1%上がれば…

あなたのチラシの反響率が1%から2%に上がったとします。
「たった1%しか上がっていない」と考えるでしょうか?
それとも「反響率が2倍になった!」と考えるでしょうか?

たった1%の違いでも売上は2倍になりますよね。
また、共感される人が増えているわけですから、方向性が間違っていないと判断でき、
改善していくことで3%、4%…と反響率が上がる可能性が高いと言えます。

まとめ

いかがでしょうか?
目的は、自己満足のチラシを作ることではなく、自社の集客方法を手に入れること。
反響率の高い集客方法をできるだけ早く作り上げていきましょう。

もし、「どこを改善すれば良いのか分からない」とお悩みの方は、
集まるラボの「チラシ改善サービス」をご利用ください。

関連記事

  1. コレは使える!はがき編

  2. 5月29日(金)笑顔流筆文字教室☆開催

  3. お問い合わせいただいたあなたへ

  4. 素人が作ったチラシで集客できますか?

  5. 「チラシの作り方」無料相談会はじめます!

  6. ニュースレターgoenn87号 発送しました

  7. それっ!流行ってないアピールですから!

  8. チラシの反響率を上げるコツ