小さなお店には◯◯がないと思い込んでいませんか?

20160107
新しい年になり、年間計画を基に販促も動き出したのではないでしょうか。
開業される方、春に集客をされる方など余裕をもって取り組んでいきましょう!

ウチみたいな小さなお店は大企業と違うし…

販促の打ち合せをしていると、ウチは大企業のように「広告費がないし…」「企画力もない…」「トップクラスの人材もいない…」などとよく言われます。確かに大企業を羨む気持ちも分かりますが、大企業は…と言われる方は、あまり投資をされないという共通点があります。
成長されているお店は、「何ができるのか」「(できなければ)どうすればできるのか」を考え取り組まれています。年商5000万円のお店が大企業のように何億円もの広告費が使えるわけがなく、そんなことを考えても時間の無駄ですし、何も生まれない事を知っているのです。

小さなお店には◯◯がないと思い込んでいませんか?

私は、大企業と小企業・個人の違いは、大人と子供とイメージしています。
大人は、子供に比べて知識も豊富だし、力だって強い、いろんな体験を通じて経験も豊富、貯金や使えるお金も多いです。でも大人も子供同じ人間、子供だって考えたり、絵を書くことも、走ることもできるのです。
誤解を怖れずに言うと、大企業を羨む経営者は、子供というイメージではなく、足りないというイメージなのではないでしょうか。

まとめ

子供には無限の可能性を感じますよね!興味を持つと周りが見えなくなるほどの集中力、あきるまで走り回れる体力、自由な発想力などなど。
今年の春の販促は、もうスグです!お客様に興味を持って、お客様のことだけ考えて、お客様が喜ばれることを伝える方法を元気いっぱいの子供のように考えてみませんか?

201601072

関連記事

  1. ブログで書くべき記事

  2. どうして◯◯◯キャンペーンをするのだろう?

  3. 何に集中するべきか

  4. 売上が上がる人の共通点

  5. 自分で期待値を上げてませんか?

  6. 集客には◯◯の時間を考えよう!

  7. お客様に必要とされるお店

  8. お客様は提案を待っている