当り前のコトを売りにする!

いや〜疲れたぁ〜
自転車のタイヤがパンクしたんですよ!

こんな時にかぎってパンク修理キットを持っていない。
自転車屋も見つからず4時間ほど押して歩きました・・・
やっと見つけた自転車屋さんは、まるで神様のように見えましたよ(笑)

なんでウチで買ってくれないの?

私は、パンクの修理をお願いしたんですが、

「この自転車どこで買ったの?」「大型店で買ったの?」などなど質問攻め。
ようするに、「なんでウチで買ってくれないの」ということを遠回しに言ってるわけなんですが・・・別に地元の自転車屋さんでもないので、私の頭の中で小島よしおが「そんなの関係ねぇ」と連呼している。

もちろん、パンク修理より自転車が売れる方が儲かるでしょう。
ネットや大型店で購入して「困った時だけ内に来るのか」という気持ちがあるのかもしれませんが、Amazonに嫉妬している本屋さんのように見えました。

どこで買われた自転車でも修理します

「どこで買われた自転車でも修理します」って当り前だと思いませんか?
その当り前のことをアピールして喜ぶ人はいるのでしょうか?

いますよね。
例えばネットで自転車を購入した人。
ネットだと価格が安かったり、珍しい自転車だったりネットならではのメリットがあります。
ただ、購入後のメンテナンスでお悩みの人も少なくないのでは。
そんな人が近くの自転車屋さんでこのコピーを見かけたら、安心して持ち込めますね。

まとめ

私が、次に自転車を購入しようと思った時、パンク修理していただいたお店で買うことはないでしょう。(地元ではない理由ではなく)
ずっと嫌みを言われていたんですから。

お客様目線の後者のお店だと、一つの修理からまた次の修理、お気に入りのお店になって、自転車を購入しようと思った時、子供の自転車が必要になった時・・・他店ではなくこのお店で購入したいと思いますよね!

今の時代ネット通販に嫉妬しても仕方がありません。
現状を受入れた上で、お客様との関係性を築けるか、築く努力をしているかに尽きるのではないでしょうか。

 

関連記事

  1. あさりの砂抜きに見る接客

  2. 新商品(サービス)の導入手順 その1

  3. あなたは本当に集客したいですか?

  4. 目標達成するお店は◯◯をはじめてます!

  5. 新メニュー導入の準備

  6. お客様は分かっている!?と思い込んでいませんか?

  7. 知ってもらわなければはじまらない

  8. 折込チラシに600万円かけれますか?