【初心者向け動画撮影】見やすい映像を作るコツ

カメラ選びより大事なこと

YouTubeなど動画撮影をはじめたばかりの人によくあるお悩みが「どんなカメラを使えばいいの?」です。
カメラによって映像のクオリティにも影響しそうですから分かります。

実はカメラ選びより大事なことがあるのです。
それは見やすい映像を作る!です。

当たり前と思われたかもしれませんが、知らないと出来ていないものなんですよ。
もちろん意識すれば、そんなに難しいものではありませんので、ご安心を!

↓YouTubeでも解説しているのでご覧ください

1.見やすい映像=苦痛でない映像

見やすい映像というと構図や撮影テクニックのように思われるかもしれません。
対義語は見ていて苦痛な映像です。
つまり苦痛でない映像であればいいのです。

2.苦痛な映像とは?

それではどんな映像が苦痛なのか2つご紹介します。

1.ブレた映像

まず一つ目がブレた映像です。
ブレた映像は見ていると酔いそうになりますよね。
また、伝えたい商品に集中して見てもらうことができません。

※解説動画では、サンプルで解説しているのでご覧ください。

最近のカメラには手ぶれ補正もついていますが、完全に手ブレが無くなるわけではないので注意してくださいね。
ブレを補正するにはジンバルがオススメです。ジンバルには、載せるカメラの重量によってスマホ用や一眼カメラ用とあります。
ジンバルを使えば、簡単になめらかな映像を作ることができます。


※解説動画で使用しているジンバル【DJI OSMO MOBILE3】

2.聞き取りにくい音量

音量が苦痛に感じる場合もあります。
音量というと大きな音と思われるかもしれませんが、聞き取りにく小さな音がストレスになります!

例えば、周りの音がうるさくて友人の話が聞き取りにくい…そんな経験があるのではないでしょうか。
これと同じように、話している声よりバックで流れている音楽の方が大きい映像があります。
知りたくて見ているのに話が聞こえない!イライラして他の動画に変えられてしまう…

音楽の素材などは、音量が高めになっています。
編集で音のバランスを調整してあげるだけで解決できます。

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?
いくら高価なカメラを使っても、素晴らしいコンテンツの映像であっても見ていただかなければ伝わりません。
苦痛な映像は、見続けてもらえないので何も伝えることができなくなるのです。
今回ご紹介した2つを意識して撮影編集していただくことで、スタート地点に立てるのです。
あとは、コンテンツ勝負です!

次回の記事もお楽しみに!

 

関連記事

  1. YouTube最初にやっておくべき設定

  2. 伝え方を変えてみよう

  3. YouTubeはじめました

  4. 【初心者向け】YouTubeにおすすめのカメラ

  5. YouTubeサムネイルの作り方